06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■素朴な疑問
私の長年の謎、永遠のテーマ? 植物の毒性について・・・友人も同じ疑問を抱いてたようです。

無精な私より先にお友達のまろまろさんが記事にしてくれました。

先日メールを頂いて2人で「ムムム」って考えてた後に1人で考えてくれてたんですね♪

大好きな果物や植物の毒性、うさ飼いさん、りす飼いさん共通で配慮するべき問題ですよね。

必見なので是非見て貰いたい記事だから跳んで行ってね!

ココです↓クリック♪  まろまろさん、自分で書かずに添付する無精な私を許して(^^ゞ
まったりまろまろ

私の意見はコメント欄に書いてます。←ってこれだけかっ! 


ココちゃんの可愛い顔でお許しを~    これではあまりに手抜き記事なので追記しときました↓
ココちゃん遊びましょ~



追記・・・ひまな人だけ読んで下さい。

アミグダリンは600mg/kgでラットを数時間以内に死亡させ100gの種子の中に100~200mgの遊離シアンが含まれ、遊離シアンによるヒトでの最小致死量は50mgであると記されている。

葉に含有されているアミグダリンは種子の1000~2000分の1程度である。

そのものだけではシアン化しないアミダクリンの配糖体を分解させてシアン化発生させるエムルシンは約40℃で活力を失うので、加熱する事によりアミグダリンが毒性を生じるおそれはなくなる。
アミダクリンは熱に強く約200℃まで耐えられるのでエムルシンを取り除く事でアミグダリンのみを薬用成分として抽出することが可能。

スポンサーサイト
ペット】 | コメント(10) | top↑
| ホーム |
プロフィール

monaママ

Author:monaママ
動物大好き、遊ぶの大好きな
お気楽親子
ペット自慢 子供ネタ 何でもOKだからコメント入れてね~ 

最近の記事
リンク 
フリーエリア
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。